プログラミングとは何?プログラミング上達のコツ

プログラミング入門

プログラミングって何だろう?

という疑問にお答えします。

プログラミングとは?プログラミングはコンピューターへの支持

プログラミングとは端的に言うと、コンピュータへ指示をすること、学習させることです。

例えばホームページ上の「アクセス」という文字をクリックしたら、地図のページを表示するようにプログラミングしておけば、誰が何度クリックをしても手間なく誰もがその地図を見ることができます。

このように、「こういう場合はこうしてください」という指示をあらかじめコンピュータにしておくことをプログラミングと言います。

ゲームやアプリ、ロボット、AIなどにプログラミングは使われています。

1度プログラミングをすれば、そのあとは手間が一切かからずに処理をでき、作業を効率化が可能なことがメリットです。

今後さまざまな分野で活躍していくであろうAIを取り扱えるようになるため、プログラミングの学習をしておくと強みになるでしょう。

プログラミングを通して得る能力は、IT社会には重要

プログラミング学習をして得る能力は、これからのIT時代を担う能力のひとつとして、近年ではますます必要とされています。

私達の生活の中を見渡してみても、スマホやパソコン、電化製品やインフラ、エンタメ、など幅広い分野ですでにITが組み込まれています。

それらを実際に使っていくのにはプログラミング言語を用いて実装できる設計や処理をしていかなければならないのです。

プログラミングを学習することで、この分野での活躍が期待されたり、さらに新しい何かを作り出す<>/spanことも可能になります。

プログラミングを学習した人材は、IT社会に必要とされている人材でもあり、IT社会は始まったばかりなのでまだまだこの先も広がっていける分野です。

プログラミングの学習はその先にある無限の可能性に挑戦ができるというメリットがあり、とても魅力的な学習なのです。

プログラミングとは、コンピュータに対する指示書を作成することをいいます。

「音を鳴らす」「計算する」

などといったコンピュータに行わせたい処理を記述することです。

処理の順番を事細かに定義します。

また、このプログラミングには日本語や英語などではなく、「プログラミング言語」が用いられています。

そんなプログラミング学習ですが、始めるとこんなメリットがあります。

1、パソコンの仕組みに詳しくなる

プログラムを作るためにはプログラミング言語の知識だけでは不十分です。

そんなときに、OSやファイルシステムなどのITシステムを理解することで、プログラミングの知識が身に付きます。

2、自分専用のアプリが作れる

「こんな機能があるアプリが欲しい!」

と思ったときに、プログラミング技術があれば、自分用のアプリが簡単に作れます。

プログラミング上達のコツ

プログラミング学習のコツはソースを読みコメントを残すことです。

プログラミング初心者の場合最初はソースを見ても何もわからないかもしれません。

私も社会人一年目の時になにもわからないままスタートしました。

もちろん仕事を振られても中々すぐには仕事を進めることはできません。

プログラミングがうまくいかず修正依頼を出されても中々的を得た修正ができませんでした。

そこで仕事がどのようにすればうまくいくかわからず上司に相談したところソースコードの上にコメント残していいよと言われました。

読んでも分からないソースコードの上に日本語で意味を書いておくと、似た内容やそこを後で見直したときに一目で意味が分かるのです。

私はこの方法で少しずつ分からない場所を減らしていきました。

また、全くの初心者はプログラミングスクールに通うととても早く学習できます。

プログラミング 比較 選び方を教えているサイトでは、プログラミングスクールの選び方を知ることができます。

自分にあったプログラミングスクールを選択して、プログラミングの腕をあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました